スカイマークの格安航空券を利用する

大手と違って、かなりリーズナブルな価格で飛行機に乗ることができる格安航空券は、利用する人が日々増えています。サービスを極力縮小したり、旅行代理店がまとめ買いして残った座席をやりくりしたりと、様々な企業努力で格安航空券を実現しているため、安全性に問題はなく、節約して空の旅を楽しみたいという人にとてもよくLCCはいくつかありますが、今回はスカイマークについてお話していきます。

スカイマークでは、北海道から沖縄まで、国内の主要空港へ格安代金で行くことができます。航空券の取り方には何通りかあります。まずオンラインで予約する方法では、インターネットや携帯サイトから希望の出発地、行先、日時でひつようなことからちょうどいい飛行機を選択し、予約します。その後コンビニエンスストアかクレジットカードにて支払いを完了させればOKです。電話で予約したい場合は、予約センターを利用します。この場合はクレジットカード払いのみとなっています。旅行代理店で予約した場合は旅行代理店にて支払い、空港カウンターで予約した場合は空港カウンターにて支払いという流れになります。

当日は自動チェックイン機で受領印のあるコンビニエンスストア控えや購入時に使用したクレカ、航空券引換え証などを使って搭乗手続きを行います。あとは搭乗ゲートで搭乗を待つだけなので、とてもスムーズです。

もしも悪天候によって運航便が遅れたり欠航になって予約便の変更や払い戻しが行われます。予約便を変更するというのはSkymarkの同一区間のみとなります。もしも変更後の運賃額が購入時の運賃額よりも高額だったら差額を支払う必要はなく、反対に少額だったら差額を返金してもらうことができます。払い戻しはスカイマークの空港カウンターか予約した旅行代理店にて行われます。

また、スカイマーク側の事情や急病人の発生、目的地の天候不良などによって目的地へ飛行継続することが難しい時には、スカイマークの飛行機か他の輸送機関にて振り替え輸送によって目的地まで移動する手配がされます。翌日に移動することになった場合、宿泊費の支給はないです。

格安航空券の場合、トラブルがあった時に他社の航空会社の飛行機に乗ることや宿泊費を支給してもらうことはできませんが、場合によっては通常の半額ほどの価格で飛行機を利用することができるので、これは大きなメリットだと言えます。

投稿日:

スカイマークの格安航空券でお子様の一人旅を

近頃話題の格安航空券ですが、大手の航空会社に比べて半額以下で飛行機に乗れる場合もあり、利用者が増えています。格安航空会社のひとつであるスカイマークでは、様々なサービスやお得なプランが用意されています。

スカイマークのサービスのひとつに『SKY KIDS(スカイキッズ)』というものがあります。このSKY KIDSは、その名の通りお子様だけで旅行をする時に、安心して飛行機での旅を続けることができるようにと配慮されたサービスです。この頃はお子様1人で飛行機に乗って祖父母の家などに遊びに行かせ、自立心を養うという家庭も増えてきました。そのような時に不慣れな飛行機でお子様が迷ったり困ったりすることのないよう、スカイマークのスタッフがきめ細かいサポートをしてくれます。

SKY KIDSはスカイマークが就航する全国の空港カウンターか予約センターにて予約をすることができます。6、7歳(希望によっては11歳まで)付添人がいないお子様を対象にしたサービスです。5歳以下のお子様の場合は付添人が必要となります。

事前に申し込み書(同意書)を印刷し、記入しておいて出発の当日に空港カウンターに提出する必要があります。食物アレルギーがあるお子様の場合、事前に伝えておく必要があります。搭乗手続きは自動チェックイン機ではなく、スカイマークの有人のばしょで行います。登場手続きの際、オリジナルのストラップホルダーが―配布されます。このストラップホルダーは到着後に出迎える人と会う時の目印となるため、必ず身に着けておくことになります。

見送りは保安上の理由から、お子様1名に対し1名が搭乗口まで行くことができます。優先搭乗でスカイマークスタッフがとうじょうぐちから飛行機のなかまで案内してくれるので安心です。また到着後もスカイマークのスタッフが到着LOBBYまで同行し、出迎える人にきちんと引き渡してくれます。

このように、スカイマークのSKY KIDSでは搭乗から到着後のロビーまできちんとスタッフがお子様の旅行のサポートをしてくるので、子供だけで飛行機に乗るのが初めてというお子様でも不安になることなく、空の旅を楽しむことができます。親が同行せずに飛行機に乗って遠くまで行くことは、お子様にとってもとてもいい経験となり、一回りも二回りも成長することができることでしょう。格安航空会社では、このように様々なきめ細かいサービスを行っているので、一度ぜひりようはどうですか。

投稿日:

格安航空券のスカイマークが提供するサービスについて

格安航空券といえば、大手の航空会社よりも費用を安く抑えることができるのが特徴です。安全性はそのままに、搭乗料金を安くするために、格安航空会社では様々な工夫をしています。たとえば、大手の航空会社では機内食やドリンクのサービスを無料で受けることができるところが多いものですが、格安航空会社ではこれらの機内サービスをできる限り縮小し、有料で提供しているところもあります。また、手荷物の預かりが有料という航空会社もあります。

格安航空会社のひとつであるスカイマークですが、こちらでも格安航空券の実現のためにサービスの全てを無料というわけではなく、有料で行っているものもあります。どのようなサービスが無料で、どのようなサービスが有料なのでしょうか。

スカイマークでは赤ちゃん連れの方に対して、空港で乳母車の貸し出しサービスを行っています。乳母車を飛行機に積んで出かける必要が無いよう、搭乗口まで使うことのできる乳母車を無料で用意してもらうことができます。搭乗当日にカウンターにて申し込むことができます。また、歩行が不自由な方や高齢の方のために、出発地と到着地両方の空港で車いすを貸してもらうことができます。

機内でのサービスは、毛布の貸し出しや無料で提供してもらえます。ソフトドリンク、アルコール類、軽食などは全て有料となっていますので、機内で注文することが必要になります。

機内の居心地の良さも定評のあるスカイマークですが、約半分を占める飛行機で『ボーイング・スカイ・インテリア』を採用しています。これによって客室の壁にそうおんを防ぐ素材の使用やLED照明の使用、手荷物の収納棚のサイズを大型化など、快適に過ごすための規格になっています。各座席の間隔も一般の飛行機と変わりがありません。また、半数以上の座席に電源コンセントが設置されているので、飛行機に乗っている間にスマフォを充電したり、ノートパソコンなどの端末を使ったりすることができます。

また、格安航空会社の場合、手荷物の預かりが1個から有料というところもありますが、スカイマークでは手荷物は1人20kgまでは無料で預けることが可能です。この際、手荷物は20kg、50㎝×60㎝×120㎝以内であれば、いくつでも預けることができます。もしも荷物の重さが20kgを超えると10kgごとに超えた場合が1000円かかります。格安航空券の上、手荷物も無料で預けることができるので、かなりお得な航空会社であると言えます。

投稿日:

格安航空券で有名なスカイマークの評判は?

飛行機を利用する場合、その料金のことはとても気になるものです。最近増えてきた格安航空会社は、その費用の安さから注目されています。費用はできれば安く抑えたいと思いつつ「本当に安いお値段で大丈夫なの?」という疑問や不安を持つ方も少なくないことでしょう。乗り心地はどうなのか、サービス面はどうなのか…など、様々なことが気になる場合はインターネットの口コミを参考もためになります。口コミには実際にスカイマークを利用した方々の口コミが多数寄せられていますので、ここでいくつかの口コミを紹介していきましょう。

「子連れで利用しました。1歳にならない子供が機内でぐずってしまったのですが、客室乗務員の方が笑顔であやしてくれて、とても助かりました。また利用したいです。」
「到着が遅れて終電に乗れない時間になってしまったのですが、大手の航空会社と異なりタクシー代などの支給はありませんでした。」
「時々遅延などがあるようですが、ここまでリーズナブルな価格で乗れる飛行機は無いので、私はよく利用しています。」
「新幹線に乗っていると思えば機内サービスが無いことに不満を感じることもありません。格安航空券なので過剰なサービスは必要ないと思います。」
「カウンターや客室乗務員の対応は、笑顔で気持ちの良いものでした。」
「足が悪い親と利用しました。カウンターで車いすの手配をしたところ、搭乗の時にリフト車の手配をしてくれました。格安航空券なのにとてもサービスが行き届いていました。」
「年に何回も利用するため、このような格安料金で飛行機をつかうのは助かります。」

他にも様々な口コミが寄せられています。飛行機を利用する人が希望する点も価値観も異なるため、賛否両論あるのは当たり前のことだと考えられます。手厳しい意見がある一方で、「これだけ格安料金でやってくれているのだから、過剰なserviceを期待しなくてもよい」という意見もあります。従来の航空会社では機内でのサービスを売りにしていたところも多く、私達乗客側にも「飛行機は機内サービスが充実していて当然」という考え方が染み付いてしまっているのかもしれません。新しい空の旅の形として考えて、たとえ特別なサービスが無くてもリーズナブルな価格の飛行機を上手に利用するというのは賢い考え方なのかもしれませんね。

もしもまだスカイマークを利用したことが無く、どのような感じなのか気になっている人は、一度口コミを参考にしてみてください。

投稿日:

スカイマークの格安航空券を更に安くする方法

とにかく料金が安いのが魅力!と評判の良いスカイマークですが、格安航空券で乗れる飛行機の中でもリーズナブルな価格が際立っています。スカイマークでは、様々な割引サービスが実施されていて、これらの割引を利用することでチケットの価格をかなり下げることができます。もしもできるだけリーズナブルな価格で飛行機を利用したいと思ったら、これらの割引サービスのことを知って、上手に利用しましょう。

スカイマークでは、常に様々な割引サービスを実施しています。搭乗する予定日と合えばかなりお得に利用できるので常に公式サイトなどをチェックしておきましょう。ここではスカイマークの実施している代表的な割引サービスについて案内します。

「前割7」…搭乗する日の7日前まで予約ができる割引運賃です。この割引のうれしいところは、割引運賃でも予約をかえたりすることが可能という点です。販売されている座席数には限りがあるので、急きょ日程が変更になった場合や複数人で利用する時などには予約ができないこともあり、その点だけは注意しましょう。

「前割3」…搭乗する日の3日前まで予約ができます。もしもギリギリまで日程が決まらないという場合でも割引運賃で利用することができるため、とても便利です。

「前割1」…搭乗する日の1日前まで予約ができます。仕事で急きょ移動しなくてはならなくなった時など、スケジュールがタイトな人にありがたい割引サービスです。

「いま得」…搭乗する日の3日前か1日前まで予約することができる運賃のことです。搭乗することを賃額が変動します。場合によってはとても安い価格で利用することもできます。このサービスでは予約の変更はできません。また、キャンセルの場合にも費用が発生します

「SKYバーゲン45」…搭乗する日の45日前から予約することができる割引運賃です。大手の航空会社などが行っている「早割」などと同じシステムで、旅行の日程が早く決まっている場合はぜひ利用したい、かなりお得な料金になっています。こちらは予約の変更はできません。

「SKYバーゲン21」…搭乗する日の21日前から予約ができる割引運賃です。SKYバーゲン45に間に合わなかった場合に利用すると良いでしょう。こちらも予約の変更はできません。

他にもスカイマークでは、期間限定で対象路線の一部がお得になる「SKYセール」や「U21直前割」、シニア向けの「シニアメイト1」など、様々な割引サービスがあるので、公式サイトをチェックしてみてください。

投稿日: